ログイン
HOME »  腸活のお話 » 腸にカビが生える?対策①
腸にカビが生える?対策①
2019/2/5 腸活のお話 

私たちの腸内には、善玉菌や悪玉菌などの腸内細菌の他に【カビ】も住んでいます。
カビは少量だと悪さをすることはありませんが、増殖すると様々な不調を引き起こすため早急に予防することが大切です。


腸内にカビが生える?
実は最近、腸のカビが増殖してきて不調を起こす人が増えてきているというのです。
原因は腸内細菌のバランスが崩れ、善玉菌が減り、カビが悪さをするようになります。また、「食べ過ぎたもの」がカビの餌になり、カビがどんどん増殖していくといえます。

腸内カビ対策その①

砂糖を減らそう
腸のカビの大好物は【砂糖】です。
ケーキやお菓子などを食べ過ぎるとカビの餌になり、どんどん増殖していくのです。
砂糖の多い食べ物を控えて、カビの少ない腸を作っていきましょう。
甘いお菓子ではなくお腹が空いたらナッツ類やチーズがおすすめです。

腸内カビ対策その②
腸内フローラを整えましょう
私たちの腸内には約100種類以上、約100兆個の菌とカビが腸内に存在します。
善玉菌・悪玉菌・日和見菌 の3つと、カビにわかれ、善玉菌を増やすことで、日和見菌が善玉菌の味方になり、
カビも減らすことができます。
善玉菌・悪玉菌・日和見菌 のバランスは 2:1:7 です。



では、どのようにして腸内フローラを整えるかは、以前の記事をご覧ください。
対策についてはまた次回も続きます。
腸をキレイにして健康な毎日を目指しましょう。

 
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有