ログイン
HOME »  腸活のお話 » 便秘の人は水を飲みましょう
便秘の人は水を飲みましょう
2017/11/16 腸活のお話 

便秘解消には水分補給が重要

よく『水は2リットル飲みましょう』と耳にしますが、なぜ、水が大切なのか、
人間は睡眠中の発汗や尿・便などで
2リットル前後の水分を知らずに失っています。そのため2リットルの水分補給が理想的だと言われています。
便秘要因から考えると、水分不足になると
腸の自然な運動が鈍る弛緩性便秘や便が固くなって直腸に溜まる直腸性便秘を引き起こします。特に便が固い人や便がコロコロしている方は確実に水分
不足を起こしているのでしっかりと水分補給をする必要があります。

お水を飲むタイミングとして効果があるのは、


起床後
朝起きてすぐが効果的。眠っているときは私たちの体の機能も眠っています。朝起きてすぐはまだその機能が目覚めていない状態です。また寝ている間にも汗などで水分が排出されているため、水分が足りない状態です。その状態のところにお水を飲むと、体の機能が目覚めますし適切に水分を体に巡らせることができます。


入浴前後
入浴前が効果的。入浴も毎日の生活の中で汗をかいて水分が排出されるものです。そのため、入浴する前にお水を飲んで水分が出ていくのに備え、また入浴後にも失われた水分を補給するのがおすすめです。このときも一気に飲むのではなく、それぞれコップ1杯程度にしておきましょう。

就寝前
寝る前が効果的。就寝しているときにも汗などとして水分がどんどん出ていきます。そして、長時間眠っていることでその間は水分補給ができないわけです。そのため、寝る前に水分を摂っておいて寝ている間の水分の排出に備えるのが効果的とされています。





普段からあまりお水を飲む習慣がない人が1日1.5リットル~2リットルの量は初めは少し多いと感じられますが、飲むタイミングを決めて意識をしながら毎日飲むようにしましょう。

 

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有