ログイン
HOME »  腸活のお話 » 腸活食&低糖質 食事メニュー(1)
腸活食&低糖質 食事メニュー(1)
2018/6/1 腸活のお話 

今回は、ブログ管理人の腸活&低糖食な食事メニューをご紹介します。
「鮭とキノコの味噌炒め」
・鯖の炊き込みご飯 ・わかめと豆腐のお味噌汁
・サラダ ・冷奴 ・卵焼き ・豆苗とキムチのツナ和え



メインは「鮭」です。
鮭は、全体的にたんぱく質が豊富で、特にたんぱく質の消化・吸収は、他の多くの魚より優れています。また鮭には、DHA(ドコサへキサエン酸)とEPA(エイコサぺンタエン酸)が多く含まれています。
更に、骨粗鬆症や骨軟化症の予防に効果があるカルシウム、精巣に多く含まれ核酸の代謝を促進するアルギニン、皮膚の免疫向上に役立つビタミンA、ビタミンB群や、D、Eなども多く含まれ、血行を促進し、炎症を鎮め、アレルギー肌・乾燥肌を保護し、お肌の栄養補給・美肌づくりに効果的に働く食品です。


 

鮭に豊富に含まれるDHAとEPAは体内のコレステロールを減少させ、血液の流れを良くしてくれます。さらに善玉コレステロールを増やす働きがあり、生活習慣病の予防に効果的です。
きのこには食物繊維が豊富に含まれていますので、腸内を通過する時にコレステロールや脂肪の吸収を抑えるだけではなく、余分なコレステロールや脂肪を吸着し便とともに排出してくれる働きがあります。

たんぱく質と一緒に食物繊維も摂りバランスよく食べて健康な腸活生活を送りましょう。

 

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有