ログイン
HOME »  腸活のお話 » 低糖質食がおすすめ。
低糖質食がおすすめ。
2017/10/10 腸活のお話 

1日の摂取量70~130g

低糖質食は、1日に摂取する糖質の量を70~130gに抑えます。糖質制限ダイエットをやったことがない人は、どんな食事になるのか想像ができないかもしれませんが、ごはん茶碗1杯の糖質量は55.7gなので、2杯食べるとすぐに上限の130gを越えてしまうことになります。

OLやサラリーマンの忙しい朝食または昼食のごはんでお手軽に「おにぎり2個+野菜ジュース」といった組み合わせの食事に含まれる糖質量は約100g。簡単に1日の上限になってしまいます。現在、成人した日本人は1日300gほどの糖質を摂取していると言われているので、それを1/3程に減らさなくてはいけません。慣れるまではとかく糖質量に気をつけて下さい。

1食の糖質は20~40gに抑えます。また間食を摂るなら、間食の糖質は10g以下に抑えます。

【1食の糖質量:20~40g】×3食 + 【間食の糖質:10g】 → 総摂取量:70~130g

 

糖質をたくさん含んでいるごはんは半量になりますが、低糖質な肉や魚は特に制限がないので、たっぷり食べて大丈夫です。また、他の低糖質な食品であれば制限なく食べることができるのです。ただし、ヘルシーと思われがちな野菜ですが、野菜の中には糖質が高いもの(根菜類)もあるので、その点は注意しなくてはいけません。

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有