ログイン
HOME »  腸活のお話 » 腸活食&低糖食 食事メニュー(4)
腸活食&低糖食 食事メニュー(4)
2018/11/1 腸活のお話 

腸活&低糖食な食事メニューをご紹介します。
「豚の生姜焼き」
・椎茸と卵のお味噌汁
・サラダ・ささみときゅうりの胡麻ダレ和え・ししとうと茄子の煮浸し・じゃが芋のバター醤油炒め



メインは「豚肉」です。

しょうが焼きがスタミナメニューと言われるのは、それぞれの食材自体の栄養価が高く、組み合わせによって効果がパワーアップします。
豚肉はビタミンB1を多く含んでいます。ビタミンB1には糖質(炭水化物)をエネルギーに変える働きがあり、疲労回復効果が高いと言われています。また豚肉の脂肪はオレイン酸を多く含んでおり、悪玉コレステロールの撃退の効果が期待できます。
生姜は、ジンゲロール・ショウガオールという特有の成分がさわやかな辛みの元になっています。これらは殺菌力のある成分なので、胃の調子を整えてくれる効果があります。また近年注目されているように体を温める効果もあります。11月に入り季節の変わり目で体温調整が難しく風邪をひきやすくなるので、生姜はオススメです。

豚肉としょうがは、疲れた体を元気にしてくれるスタミナ食材。しょうが焼きは、暑い夏はもちろん、寒い冬も一年中食べたいパワフルメニューなのです。

 

たんぱく質と一緒に食物繊維も摂りバランスよく食べて健康な腸活生活を送りましょう。

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有