ログイン
HOME »  ブログ » 腸活のお話 » チョコレートで腸活
チョコレートで腸活
2019/10/3 ブログ 

チョコレートで腸活


こんにちは!京都明智堂です!

今日は「チョコレート」のお話です♪


「チョコレート」にはカカオプロテイン(タンパク質)カカオポリフェノールがあり
“腸内環境を整える働き”があります。
 
カカオプロテインはレジスタントプロテインと呼ばれ、
胃液などの消化液で死滅せず、生きて腸まで届きます。
食物繊維と同じような働きをし、不足しがちな食物繊維を補うことができます。
また、善玉菌のエサとなり腸内細菌が増えます。
 
カカオポリフェノールは血圧改善、コレステロールの酸化防止、ストレス軽減、
活性酸素除去、認知機能向上、動脈硬化防止、
発がん作用防止、美肌効果、
アレルギー改善、記憶力や集中力の向上、便秘改善、インフルエンザ予防、

冷え・むくみ解消、安眠効果、などなど嬉しい効果がたくさんあります。
 
ポリフェノールとは苦味や色素の成分で、ほとんどの植物に存在し、
5,000種類以上あると言われています。
カカオには7種類以上ものポリフェノールが含まれ、
赤ワインに含まれるポリフェノールの倍以上とも言われています。
ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、水に溶けやすく作用も早いですが、
長期間効果が持続しないのでこまめに摂取する必要があります。
 
チョコレートもたくさんの種類がありますが、
カカオ70%以上のチョコレートがおすすめ!

1日の摂取量は25gにしましょう。板チョコであれば半分ぐらいです。
普通のチョコレートに比べると甘味が少ないですが、
カロリーと脂質は高くなりますので、食べ過ぎには注意しましょう。
 
間食にもおすすめのチョコレート!
こまめに食べて腸活!腸健康を目指しましょう。


いよいよ、今週末9/28(土)11:30から
『第2回腸活講座@福知山』が開催されます。

参加費無料で腸のお話が聞けます!
ぜひ、ご参加お待ちしております♪

↓ネット申込みはこちら↓

https://choukenko.com/script/mailform/fukuchiyama01/


 
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有