ログイン
HOME »  腸活のお話 » 腸内環境をよくする食材
腸内環境をよくする食材
2017/11/30 腸活のお話 

腸内環境をよくするには

腸はただ食べ物を消化・吸収するだけではありません実は、風邪や病気を予防してくれる免疫機能は、全体の60~70%が腸の中に存在します。そのため、腸内環境が悪くなり腸が老化してしまうと、免疫機能がうまく働けなくなるのです。そうすると風邪をひいたり、病気にかかったりしやすくなってしまいます。アレルギーは、こうした免疫機能の異常が原因のひとつとも言われています。このように、様々な悪さをする要因である悪玉菌を減らすには、どうしたらよいのでしょうか。

それは、腸内環境を整えてくれる食品は摂ること。

【発酵食品】
納豆・ぬか漬け・味噌・キムチ・ヨーグルト・チーズなど

【食物繊維】
水溶性食物繊維:海藻類・きのこ類・オクラ・アボカドなど
不溶性食物繊維:玄米・根菜類・大豆・キャベツなど

 

お腹のお掃除役の食物繊維や発酵食品をしっかり摂り、悪玉菌を減らしましょう。


 

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有