ログイン
HOME »  腸活のお話 » 水溶性食物繊維の働き
水溶性食物繊維の働き
2018/2/23 腸活のお話 

水溶性食物繊維は、その名の通り水に溶ける性質があります。腸内に溜まった不要なものを包んで外に排出する役割を果たしてくれます。さらに、腸内で消化中の食品も包み込むので、糖質の吸収をゆるやかにし血糖値の急激な上昇を抑える効果もあります。そして、粘着性があり消化に時間がかかるので、脳が満足感を感じやすくなるのでダイエット食としてもオススメです。

低糖質食に
人間の筋肉や臓器、体内の調整に役立っているホルモンの材料となるだけでなくエネルギー源にもなっている必要な栄養素であるたんぱく質は減らさずしっかり摂り、そこに、食物繊維を組み合わせるとよりバランスの摂れた食事で便秘解消やダイエットなどにもつながるといえます。

水溶性食物繊維が多く含まれる食材

果物(アボカド)や野菜(レタス)に含まれるペクチン、昆布やワカメなどのぬるぬるの成分のアルギン酸、こんにゃくのグルコマンナンなど。


 
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有