ログイン
HOME »  腸活のお話 » 赤身肉で痩せやすい体質に
赤身肉で痩せやすい体質に
2018/2/16 腸活のお話 

 食事の量もそれほど多くないし高カロリーの食事をしている訳でもないのに、痩せない。
そういう人ほどお肉を食べていないことが多いんです。
歳を重ねると、野菜や煮物など胃に優しい食事がいいのだとどうしてもお肉を避けがちではありませんか?
書物やメディアなどでも長寿の方の長生きの秘訣はステーキを食べることだとよく耳にします。
また、お肉をしっかり食べている人ほどスリムな体型だったりする理由は、お肉は、筋肉の材料となるたんぱく質源。摂ると筋肉がつきやすくなり、代謝アップにつながるからです。
しかし、お肉は消化に時間がかかるので、消化を助ける生野菜などをしっかり食べることをオススメします。

1日どの位食べるといいの?
手のひら1枚分の赤身肉を1日1回食べる。
食べる量は、自分の手のひらの大きさ、厚さが目安。焼き肉、ステーキなど、なるべく原形に近いかたちで1日1回食べましょう。

そして、お肉と一緒に食べるオススメのちょい足し食材は、
★卵醤油  
卵にはメチオニンという必須アミノ酸が豊富に含まれており体の老廃物や毒素などを排泄してくれます。
★おろし生姜 
体を温めて代謝を高めるうえ、胃液の分泌を活発にして消化を促す効果があります。
★ピクルス・ザワークラウト 
発酵食品のピクルスは、酵素も補給できます。 

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有