ログイン
HOME »  腸活のお話 » 血糖値の上昇を抑える食べ方
血糖値の上昇を抑える食べ方
2018/1/8 腸活のお話 

皆様、新年明けましておめでとうございます。
年末年始の暴飲暴食、運動もできずに食べて寝ての繰り返しでお正月太りはしていませんか?
今年はダイエットを始めようと思われている方も多いはずです。

単にカロリーの低い食事を心がけていても痩せません。重要なことは血糖値コントロールです。



おにぎり (1個150g)カロリー269kcal:糖質量46.7g


納豆かけ卵ご飯 (1杯150g)カロリー456kcal:糖質量59.8g


カロリーの低いものでだけを意識すると当然、おにぎりだけの方が低いです。
しかし、おにぎりだけを摂取すると糖質がダイレクトに吸収し血糖値は急上昇です。朝や空腹時では尚更です。
同じ、ご飯の量でも納豆や卵と一緒に食べることで血糖値の上昇は緩やかになります
また、納豆は食物繊維が豊富でご飯との相性は抜群で、発酵食品なのでお通じにも効き目があります。卵は栄養価が高く、たんぱく質を構成する必須アミノ酸がバランスよく含まれています。またビタミン、ミネラルが豊富な完全栄養食材と呼ばれています。

カロリーだけを意識しすぎてしまうと、どうしても単品食べになってしまいがちなので、糖質をとる場合にはしっかりたんぱく質や食物繊維などの食材と組み合わせてバランスの良い食事を意識しましょう。

 

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有