ログイン
HOME »  腸活のお話 » 甘酒は飲む点滴
甘酒は飲む点滴
2019/7/10 腸活のお話 

「甘酒は飲む点滴」 

蒸し暑い梅雨時期ですが、体調はいかがでしょうか。

そんな暑い時にこそおすすめしたいのが、最近注目を浴びている「甘酒」です。

甘酒は冬に飲むイメージが強いですが、俳句の世界では夏の季語にもなっています。

江戸時代から夏の風物詩として「夏の栄養ドリンク」「飲む点滴」「飲む美容液」として注目を浴びていたそうです。
 
甘酒は二種類に分類され、蒸したお米に麹菌をつけて米麹にし、砂糖を加えず酵素の発酵作用を利用して作る甘酒(米麹で作った甘酒

米麹をアルコールで発酵させてできた酒粕をお湯で溶き、砂糖を加えて作る甘酒 (酒粕で作った甘酒)があります。
 
甘酒には食物繊維やオリゴ糖もバランスよく含まれており、ビタミンB群も豊富です。

水分と塩分がバランスよく配合されているので、病院で打つ点滴に含まれる栄養成分とほぼ同じことから「飲む点滴」と言われています。

甘酒にはたくさんの良い効果があります。

疲労回復・血行と代謝の促進・美容効果・夏バテ防止・老化予防・免疫力アップ・ダイエットなどにも効果があります。

また、腸内の悪玉菌を減少させ、善玉菌を増やして腸内環境を整える働きもあるので便秘予防や便秘解消にも効果的です。熱中症予防にも最適です!

※甘酒は糖質を多く含むので1日200mlまでにし、飲みすぎには注意しましょう。
 
甘酒を飲むタイミングで得られる効果が変わってきます。
【朝】甘酒に多く含まれるブドウ糖が脳をしっかり目覚めさせ、代謝がよくなりダイエットにも効果的!
【昼】ブドウ糖と糖の代謝を向上させるビタミンB1の相乗効果により、脳の働きが活発になり、集中力がアップ。
【夜】疲れた体を疲労回復。ストレスを緩和するGABAと、優しい甘みと香りが心を癒し、体を温めることで安眠効果。※GABA=天然のアミノ酸のひとつ。
 
 
スーパーでもたくさんの甘酒を見かけるようになりました。

種類も豊富でどの甘酒にしようか悩んだときは、ぜひ表示を見てみてください。

暑い夏も甘酒を飲んで乗り切りましょう。
 
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有