ログイン
HOME »  腸活のお話 » 腸内環境を整えるとうつが治る?
腸内環境を整えるとうつが治る?
2018/5/18 腸活のお話 

腸内環境と健康の関係ですが、腸内の善玉菌の数が「心の健康」にも影響していることが最近の研究で明らかになったといわれています。
なんと「うつの人は善玉菌が少ない」と言われています。憂鬱な状態のときって、暴飲暴食を繰り返していたり、下痢や便秘で気持ちが落ち込みやすくなるものです。状態を和らげることに大切なホルモン。それが「ハッピーホルモン」と呼ばれているセロトニンです。
セロトニンとは、ノルアドレナリンやドーパミンと並んで、体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。幸せホルモンと言われるセロトニンは、体のリズムを整えたり前向きな気持ちを作り出す働きを持っています。また、体温の調整や食欲の制御や消化・吸収に至るまで、多くの体の機能に関わっているのです。
このように多彩な役割を持っているセロトニンは、
実は、90%以上が腸で作られているのです!!! 驚きですよね。
ということは、うつな状態を和らげ改善するには、「セロトニンを増やす=腸内環境を整える!!!」ことが重要だといえます。腸内環境が整うと気持ちも晴れやかになり身体も心も元気で健康に過ごすことができるというわけです。


 
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有