ログイン
HOME »  腸活のお話 » 便秘改善には硬水が良い?
便秘改善には硬水が良い?
2017/12/21 腸活のお話 

なぜ硬水が便秘改善に効果的と言われているのか?

そもそも、軟水と硬水の違いは、種類と成分ミネラル量との硬度、硬水軟水の違い には主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれていて、1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といいます。 WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます.
 

マグネシウムの含有量
硬水にはマグネシウムが比較的多く含まれており、軟水と比較すると大きな差があります。
★コントレックス(硬水)に含まれるマグネシウムは100mlあたり8.4mg
ボルヴィック(軟水)に含まれるマグネシウムは100mlあたり0.8mg
 

マグネシウムの作用
硬水にはマグネシウムが多く含まれており、このマグネシウムには胃腸を刺激し、便秘を改善させる作用があります。
胃腸を刺激して活発化する
★便を柔らかくする作用がある

マグネシウムが比較的多く含まれている硬水を飲めば、便秘が改善され、美容や健康、ダイエットに効果的ということです。

硬水の飲み方で特に気を付けるべきポイントは、喉が乾く前に水を飲み、こまめに水を飲む
そうすることにより、代謝が促進され脂肪の吸収を抑制し、便秘解消が期待できます。

 



※硬水は便秘改善に効果的なのですが、普段から硬水を飲み慣れていない人や、便秘ではない人が飲むと、下痢になる可能性があるので注意が必要です。
ちなみに、軟水のメリットは、体への吸収が良く胃腸に負担がかからない老廃物の排出美肌効果、料理などに使うと風味が増すなど、特にデメリットがないことが特徴です。

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有