ログイン
HOME »  腸活のお話 » インフルエンザ対策
インフルエンザ対策
2018/3/7 腸活のお話 

皆さんこんにちは。
今回は、ハタ乳酸菌を飲み始めて1年4ヶ月になる私のお話しをさせていただきます。

本当に驚きの実感を日々感じていますが、今回は今季も猛威をふるっているインフルエンザです。
3月に入りましたが油断は禁物です。
皆さんのご家族や周りの方もかかった方は多いのではないでしょうか。実際自分自身が毎年かかって苦しい思いをしていませんか?

私は、身内が風邪とインフルエンザにかかりました。職場の人も家でも外でも常に一緒にいた人が次々と、、、しかし、私は風邪にもインフルエンザのもかかりませんでした。予防注射も打っていませんし、咳一つしていなく元気です。
ここで自分自身の生活を振り返ってみると、毎晩就寝前に継続をして飲んでいる『ハタ乳酸菌+酵素』の効果ではないかと思いました。
と言うのも、腸と免疫力の関係が強く影響しているからです。
腸内環境が整っている状態とは、悪玉菌より善玉菌が多い状態を指します。そして、体内の免疫細胞の6割は腸内に集まっているので、腸内環境が整うと免疫細胞が活性化され、免疫力が高まるという訳です。
腸と免疫がなぜ密接に関わっているかと言えば、それは免疫細胞に着目することでよくわかります。免疫細胞の70%が腸で作られるからです。そのあと全身を駆け巡りウイルスを攻撃したりと、八面六臂の活躍を始めます。ですが、生まれたての頃に、まず腸で強くなる必要があるため、腸内フローラの状態はとても重要なのです。

予防注射を毎年打つよりも、日常からハタ乳酸菌を摂り腸内環境を良好に保ち、免疫力を高めてウイルスを寄せ付けない身体をつくりましょう。

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有